特別売却物件の購入

競売物件によっては期間入札で一人も買受申し出人が居ない可能性もあります。

 

そのような際に再度買受人を募集する方法が特別売却です。

 

特別売却では通常の競売方法と異なり、売却基準価額以上の価額で、最初に申し出をした申出人に売却されます。

 

期間入札で落札出来なかったという事は権利関係などが複雑な事も考えられるのでより慎重な対応が必要です。

 

BIT(不動産競売物件情報サイト)

BIT(不動産競売物件情報サイト)で裁判所の競売物件資料閲覧室に備付けのものと同一内容の電子化された物件明細書現況調査報告書評価書の各情報を利用者が自由にダウンロードして閲覧することも出来ます。

 

時間と移動費用を抑えながら競売物件を探す事が出来ます。

特別売却物件の購入記事一覧

特別売却とは、期間入札によって落札されなかった競売物件の売却方法を言います。期間入札において、一人も買受申出人がいないという競売物件も存在します。そのような競売物件の買受人を再度募るわけです。特別売却買受方法では、特別売却実施期間内に、売却基準価額以上の価額で、最初に申し出をした申出人に売却されます。つまり、特別売却は先着順で買受人を決定するという方法なのです。たとえ前の人より高額であっても買受の...

競売物件の入札手続と同様、特別売却においても買受申出保証金を支払わなければなりません。買受申出保証金の支払方法は裁判所指定銀行への振込みですが、各裁判所により多少異なりますので、必ず管轄の裁判所内執行官室に問い合わせましょう。買受申出保証金を振り込んだ上、払い込み証明書と住民票(個人の場合)や資格証明書(法人の場合)を裁判所の執行官に提出しなければなりません。買受申出人となった場合、買受申出保証金...

売却代金の納付は、期間入札の場合と同じ方法で納付することになります。地方裁判所により、売却許可決定確定後の確定日より1ヶ月以内の日を代金の納付期限に設定されます。「代金納付期限通知書」などが裁判所より特別送達郵便で送られてきます。買受人は必ず納付期限までに支払わなければなりません。支払い方法は以下のとおりです。最寄の金融機関から指定裁判所の預金口座に振り込みます。振り込んだ際には必ず「保管金受入手...