住宅購入の際は不動産屋さんに行く前にフィナンシャルプランナーに無料相談がお徳

常識があてにならない時代は、いろいろな発想で行動していくことが大切になってきます。

 

マイホームの購入となると不動産屋さんに直行する方が圧倒的多数です。

 

もちろんその前にネットや本で物件に関する情報を集めることに精一杯で、お金に関する知識の習得まで意識が向かないのではないでしょうか。

 

不動産の購入は高い買い物であるにも関わらず、先に不動産ありきで、その後資金計画をイメージすることが多いものです。

 

もちろんキャッシュでマイホームを購入できるなら、金融機関のお世話になることはないかもしれません。

 

ですが、住宅ローンで不動産を購入するなら、不動産屋さんに行く前に、資金計算や返済計画に関して青写真を描いてから、不動産を購入していけば、不動産屋さんと五分に渡り合えるかもしれません。

 

そもそも、不動産屋さんはマイホーム購入希望者に最適な物件を紹介してくれるとも限りません。

 

多くは広告に対する反響営業で、お客さんから問い合わせがあって、営業活動を行います。

 

自社の儲けを第一に考える業者なら、問い合わせた物件以外も紹介することでしょう。

 

その中には、不動産屋さんが売却したい物件も含まれているはずです。

 

不動産は不思議なことに広告に出す前に売れてしまうものも少なくありません。それは、良い物件の基準があるていど多くの人に共有されているからです。

 

反対に多くの人が魅力を感じない物件は、3ヶ月以上売れずに残っていることも珍しくはありません。

 

不動産に関しては日当たりや駅からの距離、築年数などの条件が良い物件ほど高額で、条件が悪いほど安いのである意味合理的といえます。

 

なかなか売れない物件を抱えている不動産屋は困っているはずです。広告が逆効果になることがあるからです。

 

例えば、毎週同じ物件を掲載していると、その物件に興味があった方も警戒心を抱くものです。

 

それは、先程も述べたように、良い物件は広告に掲載される前に取引が成立していることが多いのを知っているからです。

 

なので、広告費をかけているのに、売れない状態が続くことも珍しくないのです。

 

だから、不動産会社によっては、お客さんが求めている物件よりも、自社が販売したい物件を紹介してしまう可能性もあるのです。

 

ここで生まれるのがミスマッチで、不動産に限らず、結婚や就職でも起こりえる事態です。

 

人生を左右するこれらのイベントでは、出来るだけ失敗はしたくないものです。その際に役に立つのが中立的な第三者の存在です。

頭金を入れず、返済期間の2年目に頭金を繰り上げ返済に充当するとお徳なケースも

世の中には知っていると知らないとで大きな差となって表れることが少なくありません。

 

例えば太陽光発電や家庭用蓄電池の補助金などは、制度があるのを知っていれば、購入に踏み切れる方もいらっしゃるはずです。

 

西日本エリアでの太陽光発電

 

マイホームの購入で最初にお世話になるのが不動産屋さんという常識と同じく、住宅ローンを組む際に頭金を入れることも常識になっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし事例によっては、頭金を要れずに、2年目に頭金をそのまま返済に充てる方がお徳なこともあるようです。

 

不動産は本体価格が大きいので、ほんの少しの違いが総支払い金額に影響を及ぼすので、お金に関する知識は多ければ多いほど有利となるわけです。

金融に関する知識も専門家のお世話になるのが費用対効果の面からおすすめ

裁判に関しても、法律を知っていれば確かに有利であることは変わりありません。しかし六法全書の前ページに目を通して、法律に詳しくなっても、人生で役立つとは限りません。

 

そのような時間も多くの人にないものだからです。その際に役立つのが法律の専門家の弁護士や司法書士です。

 

専門家を利用するのは、費用がかかる以上に得られる時間的なメリットと金銭的なメリットが多いからです。

 

不動産購入に関しては、金融の専門家であるファイナンシャルプランナーが間に入ることで、不動産会社と直接やりとりする時では考えられないような経費節減効果を期待できます。

1000万円削減した例も~FP(ファイナンシャルプランナー)をマッチングサイト【住まいの扉】

あなたに最適なファイナンシャルプランナーを無料で紹介してくれるのが、住まいの扉です。
【住まいの扉】
住まいの扉を利用して不動産を購入するメリットは

  1. 中立的な立場でライフプラニングを行い依頼者の利益に貢献してくれる
  2. 無理のないローンの返済計画など住宅購入以外でもサポートしてくれる
  3. 住宅購入前なので冷静な考えを持って費用を抑える方法を教えてくれる

 

などが考えられます。

 

この中で気になるのが「担当するファイナンシャルプランナーは中立的な立場で」対応してくれるかです。

 

中立性の担保は双方からお金を受け取らないか、双方からお金を受け取るかが関係することが多い。

 

しかし、住まいの扉は依頼者である住宅購入予定者からはお金を受け取らず、無料でファイナンシャルプランナーに相談できます。

 

一方、不動産の購入では当然仲介手数料が発生します。ホームページには書かれていませんが、おそらくファイナンシャルプランナーへの報酬などは、仲介手数料を原資としているはずです。

 

実際に転職支援会社は就職希望者からは金銭を受け取らず、採用企業が支援会社に成功報酬を支払って運営が成り立っています。

 

民間企業なので完全なボランティアはあり得ないですから。

 

そうなってくると、費用を支払って弁護士に相談するのと異なり、依頼者の事を思って対応してくれるのかが気になる所です。

 

ですが、依頼者がファイナンシャルプランナーの提案に納得しなければ、不動産会社への紹介につながらない(⇒報酬が発生しない)ので、間接的にファイナンシャルプランナーの報酬に貢献しているとも言えます。

 

それでは、ファイナンシャルプランナーへの報酬の分、不動産の仲介手数料が上乗せされているかも気になりますが、仲介手数料の上限は「物件価格の3%+6万円」が上限と決まっている事から、それも無さそうです。

 

しかも、仲介手数料の割引サポートも約束してくれているので、心配はなさそうです。

住まいの扉の利用フロー

 

申込み

 

担当ファイナンシャルプランナーから連絡が入る

 

担当ファイナンシャルプランナーに相談
 初回の相談時間は約2時間程度です。

 

不動産会社の紹介

 

物件探し

 

住宅購入

 

リフォーム、リノベーションを行う場合は、関連サイトの【イエツクル】で設計士さんをご紹介してくれます。

 

また、担当者と合わないなど納得いかない時は担当者を変更してくれます。担当者変更はファイナンシャルプランナーだけでなく、不動産担当者も可能です。

まとめ

ホームページには、実際に最大1000万円の削減に成功した方の喜びの声が掲載されています。

 

1000万円削減できたら、そのぶん住宅のグレードをワンランクアップすることもできますし、人気のあるハウスメーカーに建築を依頼することもできます。

 

これからマイホームを購入する方は、不動産会社に行く前に、住まいの扉で優良ファイナンシャルプランナーを紹介してもう方法もあると覚えておくと良いかもしれません。

 

今なら、相談を行うと3000円分の商品券プレゼントもあります。

 

住宅購入の相談なら【住まいの扉】