株と不動産の資産効果

日本人は世界と比べると株式投資に対して、あまり積極的ではありません。会社員の方などは株式投資を行っていても同僚には話さない事が多いと思います。

 

しかし直接的に株式投資を行っていなくても様々な形で間接的に株式投資などで資金は運用されている事は確かです。株式投資を行っていない方が最も影響があるのが評価損を確定した時です。
やっぱり似ている株と不動産の資産効果
自分には関係ないと思わずにある程度相場の方向性は確認しておいて損はないでしょう。

 

資産を分類する時はペーパー資産と現物資産と分ける事ができます。

 

ペーパー資産には株式や債券が一般的です。現物資産は貴金属や不動産が有名です。株式と不動産はその性質から似ている面と異なる面があります。

 

ここでいう不動産とは自分自身が住んでいるものではなく、投資対象としての収益性不動産の事です。

株と不動産の共通点

似ている点としては、

  • 需要と供給のバランスによって価格が変動する
  • インフレに強いと言われている
  • 価格の上下動が似ている
  • インカムゲインとキャピタルゲインが得られる
  • 資産効果の恩恵を受けられる(逆資産効果の影響もあります。)

などがあります。一方異なる点としては、

  • 株式が換金しやすいのに対して、不動産は換金に時間と手間がかかる
  • 株式が価格の上下変動=ボラティリティー(Volatility)が高いのに比べ不動産は低い

などがあります。それでは似ている点として挙げた、株式投資や不動産投資を行っている人が経験する資産効果を解説してみます。

 

資産効果は購入した株や土地の値段が上昇して、まだ利益を手にしていないにもかかわらず、消費や投資などの活動が活発になる事を言います。

 

たとえば1000万円で購入した土地の評価額が2000万になったら誰でも嬉しいはずです。差額の1000万円は働いて得るお金と異なります。

 

しかし「いつでも売れば1000万円手に入る」と考えると心に余裕が出てくるものです。そのような人が多ければ多いほど消費や投資が活発になり全体として景気は良くなります。

 

問題は実際に利益を手にしていない点です。2000万円になった土地はまだまだ値上がりすると思って持っていたところ、予想に反して下落してしまう場合も考えられます。

 

実際に利益を確定し、現金を手に入れても、その後は現金の運用方法で悩むかもしれません。

 

土地を2000万円で売却できたとしても、全体の地価が上昇していては、そのお金で他の優良不動産を購入する事は難しいからです。

 

手にしたお金を預金していてもスズメの涙くらいしか利息が付かないからです。昔のように8%前後の定期預金金利があった時代とは異なるのです。

 

一つは、ピークと考えた時に売却し、現金を手に入れてしばらく様子をみて、地価が下落した時点で新しい不動産を購入する方法があります。

 

ですが、ピークだと思っていたら、もっと地価が上昇したり、大底と思っていたら、底割れしてしまったり、株価と同じで地価を正確に予想するのは不可能に近いです。

 

株式投資に「頭と尻尾はくれてやれ」のことわざがある通り、高値で売り抜けて底値で買い上がるのは難しいと心得ておきましょう。

元の1000万円の評価額に戻ったならプラスマイナスゼロのはずなのに、「何であの時(2000万円の時)売らなかったのか」と後悔する事でしょう。そのような人が多くなってくると経済も全体的に停滞してしまいます。

 

逆資産効果とは先程の例では1000万円の土地の値段が下落して500万円になってしまい、消費や投資を控えるようになる事を言います。

 

失業などなんらかのきっかけで不動産を手放さなくなってしまうと500万円の損が確定してしまいます。

 

株式投資では自分が購入した価格以下になった場合に市場で売却せずそのまま持ち続ける事を塩漬けと呼んでいます。

 

塩漬けした株は企業業績が悪くなって下落した場合が多いので、そのまま持ち続けても上場廃止などになってしまう事も少なくありません。

 

株式投資を行っていらっしゃる方は経験があるかもしれません。最終局面になると日々物凄く上下動を繰り返していきます。ちょうどマラソンランナーの苦しい走りのように。

 

株式投資を行っていない方も、昨日は700円下落、今日は1000円の急騰などの言葉を見かけるようになったら注意が必要です。

 

1990年代、株価の下落が定着してしばらく経過してから、不動産の価格が下落していったのを覚えています。

 

いずれにしても、株や不動産価格というのは上昇する事も下落する事も正確には予想する事は不可能です。

 

日々様々なアンテナを張り巡らせて、生活していく事が大切ではないでしょうか。

不動産投資はコツコツお金を貯めていては間に合わないことが多い

お金は必要な時に十分な金額がなければ人生を楽しむことができません。

 

お金を貯めるのは、毎月コツコツが理想です。欲しい商品があれば、お給料から必要なお金を貯金に回して行けば大丈夫です。

 

欲しい商品は仕事のモチベーションアップにも貢献しますし、貯金があれば心も安定するものです。

 

ただし、あまりにも金額が高い家となると話しは別です。

 

家を買うために毎月1万円貯めていたとしたら、実際に買う段階にはすでに家族構成も変わってしまい、家が必要でなくなることは十分考えられます。

 

しかも、年間12万円の貯金を続けて購入できる家となると、古民家などごく限られた物件になってしまいます。

 

それなら、仕事へのモチベーションもなかなかアップしないものです。

 

そこで多くの方は住宅ローンを組んで、快適さを先取りしているのです。

一獲千金の機会が少ない現在

ローンなどに頼らずに一度に多くのお金を得られるなら、ローンの返済に追われることはありませんよね。

 

今は業績が良くても、変化の激しい時代には、35年間以上会社が右肩上がりの成長を続けることはむずかしくなっているからです。

 

一獲千金と聞くと、ギャンブルをイメージする方も多いことでしょう。一度に多くのお金を得られるなら、毎月コツコツ貯金せずに、好きなだけお金を使えるから快適そのものです。

 

ギャンブル以外では、不動産投資や株式投資が候補にあがります。それではそれぞれ果たして一獲千金に向いているのか解説していきます。

不動産投資

不動産投資からの収入には大きく2種類あるのをご存知でしょうか。

  • 家賃収入
  • 譲渡所得

家賃収入は賃貸マンションやアパートのオーナーになると受け取れるのですが、何もない状態で良質の賃貸物件を購入するのは一苦労です。

 

譲渡所得は不動産を購入した金額以上に高く売却することが出来れば、譲渡所得が発生します。

 

売却益を求めるには、諸経費や特別控除なども取得費とともに、売却価格から差し引くことができるので、実際に売却益を手にするのは、購入時以降にバブルが発生して、思いっきり不動産価格が吊りあがっていないと、むずかしいのが現実です。

 

家賃収入にしても譲渡所得にしても、ある程度の元手が必要になることは変わりがありません。

株式投資

株式投資にも収入が複数あります。

  • 配当などのインカムゲイン
  • 譲渡によるキャピタルゲイン

配当は3%を超える利回りの株もありますが、一獲千金を稼げるわけではありません。50万円の株に投資したとしても、1万5千円にしかならないからです。

 

しかも配当は年1回か2回しか受け取る事ができません。もちろん業績が悪化すれば、配当が出ない無配に転落することだってありえます。

 

キャピタルゲインとは、不動産の譲渡所得にあたります。安く購入した株が高くなった時に売却すれば、その差額が儲けになります。

 

株はいつが底値や高値だかは、プロでさえわからないのですから、素人の方がタイミングを逃さずに売却できることはさらにむずかしいです。

 

不動産にしても株式投資にしても、一獲千金を手にするには、プロ並みの先見の明と、大量のお金が必要になることは変わりがありません。

 

このように、投資では何もない状態から、お金を作り出すことは出来ないものなのです。

少ない出費で大金を手に出来るのが宝くじ

300円で買った宝くじが5億円に化ける可能性があるのが宝くじの魅力です。その増加割合は167万倍。しかも短期間で増えるのがポイントです。

 

株式投資でも、30年近く保有し続ければ、偶然爆発的に企業が大きくなって、それ位の金額になることはあるかもしれませんが、やはりある程度の金額は必要です。

 

不動産でも、4億円の物件が5億円になることはあっても、400万円で購入した物件が大化けして5億円になることは考えられません。

 

宝くじにあこがれる人が多いのも、その増加割合と期間の短さが人の心を動かしているのは間違いありません。

当たりが多く出る売り場で宝くじは購入したい

夢を見る事ができる宝くじは、当たりが多くでる売り場で購入したいものです。日本でもっとも有名なのは西銀座チャンスセンターですが、ジャンボ宝くじとなると、関西の大阪駅前第4ビル特設売場も負けてはいません。

 

大阪駅前第4ビル特設売場はなんとジャンボ宝くじの発売期間中だけオープンする、いわばジャンボ宝くじ専門の売り場です。

  • 1億円以上の当選本数は1999年以降295本
  • 1999年以降の換金総額は557,5億円

と多くの億万長者を輩出しています。

大阪駅前第4ビル特設売場は売り方も特徴がある

大阪駅前第4ビル特設売場はあまりなじみのない方法で購入できます。

  • 縦連・縦バラ
  • 特連・特バラ
  • 特連スペシャル
当選の確率を少しでも高めたい方は「縦連」

一般的な宝くじ売り場で連番20枚を購入すると、10セットを2つ渡されますよね。一方、縦連なら1セット目と2セット目が連続しているので、本当の意味で20枚連続した番号の宝くじを手にすることができます。

 

40枚連続なら、「数番の違いで当選を逃してしまった」というガッカリ感を引きずらなくてすむかもしれませんよね。

1等と前後賞の両方を狙うなら「縦バラ」

バラだとなかなか前後賞を狙うのはむずかしいですよね。縦バラは同じ組の中で連続した番号が揃う買い方なので、1等と前後賞の両方を狙いたい方にぴったりです。

 

このほか、上級者向きの特連・特バラや特連スペシャルは大量購入で購入確率を高めたり、高額当選を狙ったりするために考案された購入方法です。

関西に住んでいない方も購入代行なら宝くじを手にすることができる

関西の大阪駅前第4ビル特設売場へ行くことは、1等が確実に当たるのがわかっていれば、何度でも足を運びたくなるものですが、宝くじばかりは運ですから、旅行や出張を絡めないと、実際に宝くじを購入することはできませんよね。

 

ですが、宝くじの購入代行サービスを利用すれば、距離や時間に関係なく、宝くじをゲットすることができるのです。
吉宝
株式会社吉宝は大阪駅前第4ビル特設売場で宝くじを購入してくれるサービスです。

 

購入する日は大安吉日や一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)など縁起の良い日を選んで注文することも可能です。

 

一粒万倍日とは、一粒のモミから多くの実ができるという意味で縁起の良い日と言われています。

 

もちろん、先程紹介した、宝くじマニアの方が利用している購入方法でも買うことが出来ます。

 

料金は

  1. 宝くじ代金
  2. 送料
  3. 手数料

の合計ですが、100枚以上になると送料が無料になるので、現地で購入するのと、代行サービスに依頼する差は手数料のみになります。

 

福岡に住んでいる方が大阪の関西の大阪駅前第4ビル特設売場へ行くとすると、片道新幹線で15000円。往復で30000円。しかも往復で5時間ほどかかります。

 

一方、吉宝に購入を依頼すれば、100枚だと宝くじの料金と、手数料のみしかかかりません。

 

忙しいビジネスマンの方なら、どちらを選ぶかは明らかですよね。

 

時間を大切にする人にはきっと幸運の女神も訪れることでしょう。