バブル崩壊は人脈で繋がっていたのかお金で繋がっていたのかが明らかになる時

不動産は見える資産で安心感があるのが特徴です。一方見えない資産にも不動産に匹敵にするほど重要なものもあります。

 

それが人脈です。不動産も人脈があれば公開されていない物件を紹介してもらうことが可能です。

 

「金の切れ目が縁の切れ目」のことわざは、バブルが崩壊した時にこそ実感できるものです。

 

バブルの時は人間関係を結ぶのが簡単です。お金が接着剤の代わりにもなるからです。しかし時としてお金だけの関係なのに、人望が厚いから親しくなれたと勘違いすることも少なくありません。

お金だけの関係だったかそうでないかが、はっきりするのはバブルが崩壊した時です。

 

バブルが崩壊すると資金繰りが苦しくなり、お金の力で人を惹きつけたくてもそれが出来なくなってしまうからです。

 

今まで羽振りの良かった人が突然お店に来なくなったり、疎遠になったりするのもバブル崩壊時です。

 

その時になって人脈の大切さに気付く人も多いものです。

不動産投資でも頼りになるのは人脈

不動産投資で成功している人は人脈作りでも成功しているはず。反対になかなか良い物件に恵まれないなら、人脈を上手に構築できていない可能性があります。

 

不動産取引では、多くの人を巻き込みます。家族や友人のアドバイスも不動産会社の営業マン以上に大切なことがあります。

 

人脈が構築できると、自然に良い物件に恵まれてくるはず。いったんこの好循環を手に入れると、資産も順調に増え続けていくことでしょう。

 

ですが、人脈を誰もが簡単に築けるわけではありません。なかなか人と打ち解けられなかったり、人見知りが激しかったりしては資産構築のスタート時点でつまずいてしまいます。

人脈シェアサイト【シェアーズマーケット】

シェアーズマーケットはそのような、なかなか人脈を上手に構築できない人をサポートしてくれる顧客マッチングサービスです。

 

シェアーズマーケットでのマッチングはインターネットのサポートがあるおかげで、最初の繋がりのプロセスがシステム化されていて、容易になっているのが特徴です。

 

人脈は最初の繋がりがうまくいけば、実はそれ以降はそれ程むずかしくはありません。

 

人見知りの人もいったん良い関係を結ぶことが出来れば、その後はトントン拍子に話が弾むことも決して珍しくはありません。

 

不動産取引でも最初の購入がむずかしいです。しかし一旦収益物件を手に入れたら、その後しばらくは不動産による家賃収入を継続的に手に入れることが出来るのです。

 

シェアーズマーケットには多くの商品カテゴリが掲載されていて、

  • 法人向けには建築・不動産・金融・マネー・保険の商品・サービス
  • 個人向けには住まい・金融・マネー・保険の商品・サービス

がそれぞれ用意されています。

シェアーズマーケットはシェアリングエコノミーのひとつ

シェアリングエコノミーとは多くの人とモノやサービスを共有する社会システムのことを言います。

 

シェアハウスやカーシェアリングなどこれからの時代のキーワードがシェアリングエコノミーです。

 

部屋や車がシェアできるなら、人脈だってシェアできないことはありません。

 

シェアーズマーケットでは人脈によって潜在的な顧客を開拓できるだけでなく、経営支援サービスも行っているので企業を発展させるポジションにいる方にも心強い存在です。

経営支援サービスは財務支援と営業支援が柱

シェアーズマーケットの経営支援サービスは知識・技術を共有することで事業従事者がかかえるさまざまな問題や課題に対処してくれます。

 

一人の力は限られていますが、シェアーズマーケットの人脈を活用できれば、財務や営業に関する問題解決も十分可能です。

 

特に、企業を立ち上げたばかりの経営者にとって、商品販売を軌道に乗せるまでは困難の連続です。大企業で働いていた経験がある経営者ほど、知名度のなさを実感するはず。

 

シェアーズマーケットは

  1. 営業代行
  2. 営業コンサルティング
  3. セールスプロモーション

の3つの方法で営業支援を行います。

 

開業当初は営業マンを雇い入れたくてもノウハウや知識の蓄積がありません。また、商材自体が限られていたらせっかく優秀な営業マンを確保できたとしても、宝の持ち腐れです。

 

シェアーズマーケットなら、開業したばかりでセールスプロモーションまで行う余裕がないときでも、会員企業のネットワークがビジネスを強力にバックアップしてくれるのです。