シェアハウスの経営なら【SHARE HOUSE180°】

民泊を事業にしようと考えたことがある方なら、シェアハウスの運営も一度は考えたのではないでしょか。民泊とシェアハウスは似ている点が多いです。

 

例えば清掃。民泊でもシェアハウスでも、避けて通れないのが室内の清掃をだれが行うかです。オーナーが一緒に住んでいる家主居住型の民泊なら、オーナーが清掃を行う事も考えられます。

 

一方、オーナーが一緒に住んでいないなら、専門の清掃業者に依頼するのが便利です。
シェアハウスの経営は独自のノウハウが必要
シェアハウスのそれぞれの個室は各住人が掃除を行っても、共有スペースの清掃は頭の痛い問題です。オーナーが住み込みでシェアハウスを管理するのは、難しそうです。

 

考えられるのは、住人が当番制で共有スペースの清掃を行う事です。しかし、掃除が苦手な住人にとっては簡単な清掃で済ましてしまうかもしれません。

 

やはり、専門の清掃業者を入れるのが賢い選択であることは民泊とも共通しています。

 

名古屋を中心にシェアハウスを運営している株式会社シェア180も、定期的に清掃業者が入って共有スペースの清掃を行ってくれています。

株式会社シェア180が運営しているSHARE HOUSE180°はシェアハウスに入居を希望される方を中心にしたホームページですが、シェアハウス事業に興味がある方向けのページも用意されていて、運営ノウハウの公開やサポートも行ってくれます。

SHARE HOUSE180°の強み

  1. 入居率90%以上の高い集客力
  2. 家主の費用負担0円から選べるプラン
  3. 提案から運営まで強力サポート
  4. メディア掲載実績多数
  5. コンセプトシェアハウス

SHARE HOUSE180°のこだわりは自然に楽しく英語を学ぶをコンセプトに造られた「英語向上型シェアハウス」を見るとわかりやすいです。

 

民泊でもシェアハウスでもこれからの時代は、外国人の利用者と文化や習慣を超えて付き合っていく必要があります。
シェアハウスの経営は独自のノウハウが必要

12の専門家チームが万全のサポート

その点、英語を入居者に学ぶことが出来れば、日本人の利用者も英会話スクールに行く費用や手間がかからないので、英語を学びたい入居希望者へもアプローチできるのです。

 

もちろん、週1回の英語レッスン以外にも、日ごろの交流で自然に英語が上達していくことも十分考えられます。

 

英語は日々触れる事が大切なので、楽しく英語を学べるコンセプトシェアハウスは、これからシェアハウス事業を始める方の良きお手本になるはずです。

 

プランは毎月の家賃が固定となる一括借上げプランと入居時の家賃が変動する運営委託プランの2種類があります。

 

入居率が高いなら、好立地のシェアハウスなど高い賃料を設定できる運営委託プランがおすすめです。もちろん満室時には一括借上げプランよりも高い収入を目指すことが可能です。

 

トラブルの起こりがちなオープンから数か月間はSHARE HOUSE180°のスタッフが住み込んで24時間体制でトラブルなどへの対応も行ってくれます。

 

さらに室内掃除等は週1回以上行ってくれるので、室内の維持管理も期待できます。

 

SHARE HOUSE180°はなんとインテリアコーディネーターや税理士など12の専門家チームが万全のサポート体制を敷いてくれています。

 

これだけ多くの専門家のサポートがあれば鬼に金棒です。

 

SHARE HOUSE180°のホームページには実際のシェアハウスの床面積・間取り、年間賃貸や収支シミュレーション、物件のポイントなどを掲載しています。

 

SHARE HOUSE180°はシェアハウス以外にゲストハウス、1棟リノベーション、コワーキングスペースなどのノウハウを活用した提案も可能なので収益物件を活用したい方はホームページをご覧になってみると良いでしょう。

 

SHARE HOUSE180°では入居希望者はもちろん、オーナーの方の内覧も対応してくれます。

 

名古屋エリアにお住まいの方や首都圏や大阪圏にお住まいの方で、名古屋に行く機会があるかたはシェアハウスの内覧をしておくと、実感がわくはずです。

 

今なら、名古屋市況情報、物件の収支がわかる「物件事例集」のプレゼントがあります。