土地付き太陽光発電は産業用太陽光発電の仲間

土地や建物にも居住用と投資用があるように、太陽光発電にも住宅用、産業用に分けることができます。

 

土地付き太陽光発電は投資用ではありますが、産業用太陽光発電の一種と考えられます。

 

自宅に太陽光発電を導入するとなると、屋根やガレージの上など限られたスペースにしか設置することができません。

 

以前は紙のように薄い太陽光パネルの話を聞いたことがあります。そのようなタイプが出たら住宅の外壁などにも設置できそうですが、まだ実用化されていないようです。

 

産業用太陽光とは発電量10kw以上の発電施設の事をいいます。一般家庭でこれだけの発電施設を屋根だけで確保するのは大変です。

 

一方耕作放棄地など広大な土地をお持ちの方なら、余裕でクリアできるはずです。

 

産業用太陽光は新幹線に乗っている時、静岡県浜松市付近で見かけました。産業用太陽光発電なら広い工場の屋根一面にパネルを敷き詰めることが出来るので、新たな収入源として期待できます。

 

個人レベルになると、工場のような大規模な建物を所有している方が少ないので、自宅以外だと遊休地にソーラーパネルを設置することで、賃貸住宅の家賃収入のような売電収入を継続的に得ることが出来ます。

 

産業用太陽光発電の設置場所は一般住宅以外なので、工場の他にも遊休地も該当します。お馴染みの大規模なメガソーラーも産業用太陽光発電の一種です。

売電単価は昔に比べ下落傾向にありますが、太陽光発電のシステム導入費用も、下落傾向にあるので、ソーラーシステムの導入費用の回収期間はそれほど変わらないようです。

家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電の比較

家庭用太陽光発電

  1. 発電量:10kw未満
  2. 買い取り制度:余剰電力買取
  3. 買取期間:10年間

産業用太陽光発電

  1. 発電量:10kw以上
  2. 買い取り制度:全量買取
  3. 買取期間:20年間

 

自宅の屋根に太陽光発電システムを設置していますが、発電量は3.4kwです。10kw以上となると、都市部の一般住宅なら事実上不可能なはずです。

 

余った電気を電力会社が買い取ってくれますが、その当時の単価は48円。しかし買取期間は10年間なので、そろそろ終了してしまいます。

 

単価はその後右肩下がりになっているのは、導入費用が下落していることも一因のようです。

 

10年間の買取り期間終了後果たして電力会社は以前のように買取してくれるのか、その際はどの位の単価で買い取ってくれるかは、今後明らかになってくるものです。

 

2019年以降買取単価は11円以下に下がってしまうとの事なので、そうなってくると、売るよりも自分で使った方が得になるので、蓄電池や自家消費の方が良いのかも考えてしまいます。

 

それにしても、太陽光を設置した時、10年はまだまだ先だと思っていたのに、実際は結構早くその時は訪れるものです。産業用の20年がうらやましいです。

 

家庭用は余った電力しか買い取ってもらえないのに対し、産業用は全量買い取り制度が適用されるので、収入は長期間安定して入るので安心です。

空き地と土地付き太陽光発電

少子高齢化の影響なのか都心部でも空き家や空き地が多くなっているようです。空き家や空き地のままだと、お金は出ていく一方ですが、土地付き太陽光発電なら、空き地が資産に変わります。

 

屋根に設置する時よりも気になるのが、盗難や自然災害です。屋根のソーラーパネルを盗まれる事はまず考えられませんが、人通りの少ない場所にある地面に設置された太陽光パネルなら、狙われる可能性はあります。

 

また地面に置いておくと、他の家に太陽光パネルの光が反射して迷惑になることも考えられます。

 

雑草が生えないようにしないと、パワーがダウンしてしまいます。

 

これらの点を解消できるようになれば、空き家の所有者も太陽光発電に興味を持つようになるかもしれません。

産業用太陽光発電と不動産投資の比較

産業用太陽光発電とアパートやマンション経営とは似ている部分が多いです。

  • 毎月継続して収入が入る
  • 施設の大きさに収入が比例する
  • 不労所得

などが共通しています。

 

不動産投資が優れている点は、賃料が天気によって変わらない点です。太陽光は雨や曇りが多い季節だと、ガクンと収入が落ち込みます。

 

一方、不動産のような空き部屋のリスクはありません。

 

太陽光はメンテナンスの面でも優れています。アパートや賃貸マンションは引越しがあると、修繕することが多いです。

土地付き太陽光発電を行えるサイト

住宅建築には、一般個人用とは別に賃貸住宅建築に強い企業があります。

 

太陽光発電設置会社も、個人向けと投資用のどちらも取り扱っている所と、投資用太陽光発電専門の所があります。

 

どの企業を選ぶかまよったら、ホームページの内容をよく確認してから申し込むようにしたいものです。

土地付き太陽光発電なら「タイナビ発電所」

タイナビ発電所は、土地付き太陽光発電の物件検索・マッチングサイトです。

マッチングは就職や結婚でもお馴染みですが、取引を希望する両者をつなげるのがマッチング本来の意味です。

 

タイナビ発電所の会員は年収500万円以上の方が7割以上を占めます。無料会員登録を行うと、非公開物件や先行販売物件などの情報も入手できるようになります。

分譲太陽光発電なら「ひなた発電所」

ひなた発電所は2016年度の施工実績が209区画と業界でもトップクラス。無料セミナーも全国各地で開催するなど、太陽光発電を投資として行いたい方の啓もう活動に積極的です。

ホームページには

  • 駐車場
  • ワンルームマンション
  • コンビニ

と太陽光発電を投資の視点から比較検討しています。その中で太陽光発電は「分譲太陽光発電」という言葉で説明されています。

まとめ

アパートやマンション経営をされている方や自宅に太陽光発電を設置している方なら、分譲太陽光発電の理解は早いかもしれません。

 

家庭用の買取期間が10年なのに対し、産業用は20年なので、かなり長期間にわたって安定的に売電による収入が期待出来ます。

 

半面、その間に自然災害や盗難、機器の希少などが心配です。

 

アパートやマンション投資にも家賃保証があるように、土地付き太陽光発電を申し込む際はいざという時の補償などにも注目したいものです。