不動産の原状回復は頭の痛い問題

不動産の原状回復は不動産のオーナーにとっては頭の痛い問題の一つです。現在賃貸に出しているアパートは退出があると、必ず原状回復のために、工事が行われています。

 

管理は業者さんにお願いしているので、電話連絡が入った後、見積もりが郵送で届き、問題がなければそのまま工事が行われます。

 

いくらていねいに使っている借主といえども、壁紙などは汚れてしまうもの。特に水周りなどは汚れが激しいですね。

 

この前退出された方はかなり長期間きれいに使っていただいていたのですが、それでも経年劣化があり原状回復工事が発生してしまいました。

 

アパートやマンションのオーナーの方は、家賃が入らなくなることもそうですが、原状回復工事があるから空室はできるだけ避けたいと考えているはずです。

 

管理会社に頼らずに

などは、いかにコストをかけずに原状回復工事を行うか日々考えていらっしゃるかもしれません。

ペットブームを背景にペット飼育可の物件増加中

最近はタバコを吸わない方が多くなっているので、借主を募集する際も「室内禁煙」と明記している物件が多いですね。

 

一方、ペットブームを背景に、ペットを飼う借主は増えているようで、「ペット飼育可能」と明記している物件を良く見かけます。

これからの時代は単身世帯の増加が予想されます。単身となると家に帰ってきた時に出迎えてくれるペットが居るとうれしいもの。

 

ただし、飼うことができるペットの数や種類は「小型犬一匹まで」「室内小型犬のみ」など決められていることが多いのは、あまりに多くのペットと一緒に暮らすと、部屋が過度に汚れるだけでなく、近隣住人にも迷惑がかかるからです。

 

飼育の際は、敷金をプラスすることや家賃が増額されることも珍しくありません。

 

以前ネットで物件のチェックをしていて驚いたのは、一棟まるごとネコの飼い主限定の新築賃貸マンションを見かけたことです。

 

すべての部屋がペットの飼育が前提となると、今度は逆に空室のリスクは高まると思ってしまいました。果たしてどの位その物件は入居しているのか気になります。

 

ペットが飼える物件はオーナーにとっても、メリットがあります。

 

なぜなら、ペットが飼えるということは、他のライバル物件との差別化に繋がり、空室リスクを減らす働きが期待できるのです。

ペットのニオイは気になるもの

さて、入居者募集の段階では良かったペット可の物件もいつしか入居者は退出して行くのは仕方のないこと。

 

祭の後ではありませんが、ペットを飼っていたことに伴うひっかきキズやニオイは気になるものです。

 

特にニオイはペットを飼っていなかった人が内見に来た時は敏感に感じられるはず。

 

ニオイが原因であっても、内見に来た人は

「やっぱり家賃が高めで・・・」

「駅から少し遠くて・・・」

など本当のことを言わずに断る可能性もあります。

 

せっかく入居率アップでペット可にしたのに、次の人の入居がなかなか決まらないのでは、何のためにわざわざペット飼育が出来るようにしたのか分からなくなってしまいます。

 

家賃が高めと言われて、家賃を下げてしまうとまったく本来の対策は行われないまま、問題を先送りしてしまうことも考えられます。

ペットのニオイをスッキリ消すなら不動産の消臭・除菌に大活躍【オゾンクラスター1400】

気になるペット臭を取り除くなら、業務用のオゾン発生器が役に立ちます。

 

業務用オゾン発生器の最高峰のオゾンクラスター1400なら、次亜塩素酸ナトリウムや脱臭剤で取れない臭いなども脱臭可能です。

賃貸住宅の原状回復工事の際にオゾンクラスター1400を作動させていれば、1日くらいで気になるニオイの脱臭が完了します。

オゾンマートには営業マンがいないから他社製品よりもお買い得

オゾン発生器専門のインターネット通販サイトのオゾンマートは、これまで代理店や営業マンという、流通コストがほとんどかからない分、商品価格は、限りなく卸売価格に近い値段で購入出来ます。

 

営業マンや代理店頼みの他社製品は小売価格になっているともいえるので、同じ値段ならどちらが高性能かすぐにわかるはずです。

 

従来通りの流通網で販売される機種は、代理店や営業マンのコストを製品価格に上乗せしているので、価格の高さと製品スペックが必ずしも比例しているわけではなかったともいえます。

 

オゾンクラスター1400と同じような価格帯のオゾン発生器の性能を見比べる際は、オゾン生成量を中心に比較検討すると良いでしょう。

 

ちなみに、オゾンクラスター1400は名前のとおり、1時間に1400mgのオゾンを生成できるパワーがあります。

オゾンクラスター1400の気になる点

オゾンクラスター1400は業務用として開発されたオゾン発生器なので、個人の住宅、特に介護が必要な方が生活している環境では、オゾン濃度が高くなりすぎる可能性があるので、使用は出来ないとのことがQ&Aに掲載されています。

 

オゾン濃度は低い分には問題にならなくても、高いとトラブルが起きやすいと覚えておきましょう。

 

人が居る環境の中で使うなら、業務用ではない個室用に特化した【安心・日本製】オゾン発生器 オゾンケアがおすすめです。

まとめ

オゾンクラスター1400は多機能で高性能なので、値段も決して安くはありませんが、新たな入居者が内覧に訪れた際に、少なくともペットのニオイなどで断られる心配はないでしょう。

 

長い目で見ると決して高い買い物ではなかったと納得できる時が来ると良いですね。