市場価格の7割前後で落札

現在市場にたくさんの中古住宅が出回っていますが、実は、これら中古住宅の半分以上が競売によって落札された物件であろうと言われています。

 

これらの物件は、競売により市場価格の7割前後で落札されているでしょう。そして、売りに出す際には市場価格の値をつけるわけです。

 

そうしなければ不動産業者側の利益は出ませんから…。不動産業者を介して市場価格の住宅を購入しても、実は競売物件だったということもよくあることなのです。

競売には個人でも参加できます。不動産業者が手に入れるはずの利益分を手数料と考えてもよいのですが、手数料にしては少々高額ですね。

 

この不動産業者の手に入ってしまう手数料を節約してみてはいかがでしょうか。

 

最近では競売代行サービスが個人に代わって競売物件の入札・落札手続きを行ってくれるという話をよく耳にします。

 

競売代行サービスに依頼しても、不動産業者ほどの手数料はとりません。

 

世の中不景気になればなるほど、住宅ローンを支払えなくなる人も増加し、競売にかけられてしまうという人も増えているというのが現実です。

 

喜ぶべきことではないのですが、市場価格より安く購入できるチャンスではあるのです。

 

競売代行サービス等を利用して購入するほど、競売物件には価格的にはとても魅力あるものと思われます。