競売物件購入のメリット

競売物件購入のメリットは市場価格よりも安く購入できる、所有権移転登記トラブルがない、市場価格の7割前後で落札出来る事などがあります。

 

所有権移転登記などといった複雑な手続きをするのは優秀な裁判所の方々なので手続きの際のトラブルは皆無と言ってよいでしょう。

 

競売物件はごく普通の住宅などが住宅ローンの支払い不能などが原因の事がほとんどです。

 

物件自体は優良なものも多いですがあなたが優良と感じるものは他の多くの落札希望者にとっても優良な物件です。

 

人気物件は競争があると考えておきましょう。

地道な努力を続けていけば、やがて積み重ねが力となっていく格言としては継続は力なりという言葉があります。

 

人間の一生は長いようで短いものです。限られた人生を有効に活用するためには「積み重ね」が大切ではないでしょうか。

 

毎日ゼロからスタートする事でも生活は可能ですが、ゆとりのある充実した人生を送るには積み重ね=ストックの力を利用するのが一番だと思います。

 

その点不動産は最適です。成功した投資家は過去に購入した不動産による収益でさらに別の不動産を購入することを地道に繰り返しているそうです。

 

あなたも「積み重ね=ストックの力」を活かして余裕のある暮らしを手に入れてください。

競売物件購入のメリット記事一覧

競売物件のメリットと言えば、何といっても安く購入できるという点ではないでしょうか。一般的に競売物件は中古物件と比較しても3~7割程度の価格で購入できると言われています。競売物件とは言え、競売にかけられるまでは人が住んでいた普通の家です。競売にかけられる原因に問題があるわけで、物件自体には何ら問題が見られない場合が殆どです。競売物件が減価される要因として、競売にかけられたということ、所有者等による占...

競売物件の場合、所有権移転登記などといった複雑な手続きをする相手は裁判所となります。個人同士の手続きと比較した場合、こちらはプロが相手となるわけですから、手続きをする際のトラブルは皆無と言ってもよいでしょう。所有者移転登記は、所有権の移転を明確にするため、従来の所有者と新しい所有者による共同申請となるわけです。競売物件に関しては既に裁判所によって差し押さえられていますので、従来の所有者ではなく裁判...

現在市場にたくさんの中古住宅が出回っていますが、実は、これら中古住宅の半分以上が競売によって落札された物件であろうと言われています。これらの物件は、競売により市場価格の7割前後で落札されているでしょう。そして、売りに出す際には市場価格の値をつけるわけです。そうしなければ不動産業者側の利益は出ませんから…。不動産業者を介して市場価格の住宅を購入しても、実は競売物件だったということもよくあることなので...

リストラ、失業など不動産を持っていたくても、所有者の経済情勢によって、住宅ローンの支払いが難しくなる事は想定されます。住宅ローン設定当時に勢いのあった大企業でも10年単位で考えると、経営環境は変わる事が多いからです。競売物件には必ず優良物件があります。競売物件として差し押さえられてしまう原因の殆どが、住宅ローンの支払い不能によるものです。言い換えると、物件そのものには何ら問題ない場合が殆どなのです...