不動産が競売にかけられたら

あなたの不動産が競売にかけられたとしても取り下げるチャンスは残されています。

 

もちろん早い段階であればあるほど競売を取り下げてもらえるチャンスは多いです。最後まであきらめずに様々な方法を行ってみてはいかがでしょうか。

 

任意売却を行うなら【お任せ任売ナビ】
滞納から半年ほどで競売は決定してしまいます。

 

「住宅ローンが払えない」「競売を避けたい」なら一刻も早く専門業者に相談するのが近道。
任意売却 競売版
任意売却・競売・住宅ローン滞納問題を完全サポート。専門の相談員が24時間365日いつでも無料で相談に応じてくれるので少しでも気になる方は相談してみましょう。

不動産が競売にかけられたら記事一覧

競売を取り下げてもらうなら、できるだけ早い時期の方がスムーズに進むでしょう。そして競売取り下げのタイムリミットは落札前日と認識しておいてください。競売取り下げの方法は各段階によって異なります。競売の申立通知が届いたら:任意売却を決意する最初のチャンスでもあります。しかし、融資関係を継続させる最後のチャンスでもあります。延滞・滞納金を支払うことが可能であれば、債権者に連絡し、融資関係続行を交渉するこ...

落札までに1ヶ月を切りました。実質のタイムリミットでもあります。債務全額を現金で用意できますか?せめて200万円~300万円の現金を用意できますか?任意売却できる買い手を見つけることができますか?保証人は?一般の素人では無理でしょう。専門家に依頼しても、もう少し早く来ていただければ…”ダメもと”でという契約になってしまうでしょう。しかし可能性はゼロではありません。現金を用意できるめどが立っていない...

現在住んでいる住居が競売にかけられ強制引渡し命令を受け取ったらどうなるでしょう。もちろん住居を出て行かなければなりません。遅くとも、住居が落札、売却許可の決定、代金納付、所有権の移転登記など一連の手続きが行われたら出て行かなければなりません。最終的には執行官から強制引渡し命令を受け取り、強制的に出て行かなければならなくなります。家具や生活用品は、裁判所の執行官が同行し、運送屋により持ち出されてしま...

競売により落札され、買受人によって支払われた代金は、債権者へ配当されることになります。それで借金を全額返済できれば良いのですが、多くの方の場合そういうわけにはいかないようです。例えば住宅ローンで3,000万円の借金があり、競売により1,500万円配当することができました。残りの1,500万円はなくなってしまうわけではありません。今後も支払いは継続しなければなりません。ちなみに、米国の住宅ローンはそ...