競売希望の現況調査報告書を確認しよう

現況調査報告書は、地方裁判所の閲覧室に置かれている3点セット(「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」)のうちの1つです。

 

現況調査報告書は、執行官が土地や建物、占有状況などを現地に赴き調査し作成したものです。

 

国家の代理人として執行手続きを仕切ることのできる人を執行官と言います。

 

占有者の生活状況なども、電気・ガス・水道の使用状況や冷蔵庫内の状況・箪笥の衣類の保存状況などといった細かい調査により、細かく把握できるようになっています。
空き家のはずが
ただし、執行官が現地に赴き調査したあと、期間入札まで数ヶ月は経過してしまいます。占有状況が変わっている可能性は十分にあります。

 

なかには居住者でない人が住んでいたり、空き家のはずなのに人が住んでいたりといったケースもあるようです。

 

必ずご自分で現地に赴き確認を行ってください。

 

明け渡しにおけるトラブルを避けるためにも、現況調査報告書からできるだけ占有者の人柄を判断するよう心がけてください。

 

例えば、子供連れ家族が明け渡しを拒否し居座るケースは少ないと言われています。

 

また、所有者が破産し、破産管財人として弁護士名が記載されている場合があります。

 

ですが、交渉相手が弁護士になるので、比較的スムーズに明け渡しが行われると思われます。