競売希望の物件明細書を確認しよう

希望する物件が見つかったら管轄の地方裁判所へ足を運びます。

 

閲覧室に「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」が必ず3点セットで置かれています。

 

BIT(不動産競売物件情報サイト)でも同一の内容が閲覧出来、各情報をダウンロードすることが出来るのでお勧めです。

 

物件証明書には、物件を入札し買い受けたとき引き継がなければならない権利について示されています。
裁判所の看板
物件により異なりますので必ず目を通しましょう。物件明細書に記載されている権利その他の例をいくつか紹介しましょう。

  1. 不動産の表示:物件番号が記載されています。
  2. 売却により成立する法定地上権:土地または建物のどちらか一方のみの競売の場合の権利を法定地上権と言います。
  3. 敷地に先順位抵当権設定登記がある場合地上権を主張することができなかったり、売却対象外建物のため土地を自ら利用できなかったりしますので、必ず確認しましょう。「なし」と記載してあれば基本的にOKです。
  4. 買受人が負担する権利:所有者が締結した他人との貸借権などは売却後も消滅しないので、買受人が引き継ぎます。締結した他人との貸借権など賀記載されています。
  5. 占有状況に関する注意事項:占有者に引き渡し命令を要求できるかどうか、本訴によらなければならないかが記載されています。
  6. その他:買受けの参考になる事項が記載されています。隣地との境界、私道、公道、温泉権、貸借権、土地区画整理、管理費などについて記載されています。