2017年は仮想通貨元年 今後の動向に注目

2018年ビックカメラの初売りは白色家電を中心に前年比大幅にアップしたようです。

 

ビックカメラと言えば、大手家電量販店でビットコインでの決済を実施し、2018年1月時点では1会計につき、30万円まで利用できるようになりました。

以前は10万円まででしたが、2017年12月に利用者の増加で3倍に上限金額を引き上げています。

不動産投資を行っている方なら、仮想通貨への投資にも興味があるかもしれません。すでに口座を開設していて、実際に取引を始めている方もいらっしゃるかもしれません。

 

仮想通貨などの取引で10億円以上の資産を築いた人を自由億、1億円以上の資産を築いた人を億り人と言います。

 

自由億や億り人の存在は、仮想の世界に留まらず、これからはさまざまな実社会に良い影響を与える可能性を秘めています。

 

もちろん、仮想通貨で億万長者になった人は自分から、そのように言うことは無いので、どの人が億り人や自由億なのかは判別できません。
不動産との違いが鮮明な仮想通貨
しかし、ビックカメラのように、購買行動には表れてくるものです。

 

1億円を手に入れた人は、高級車や不動産を手に入れるかもしれません。

 

10億円手に入れた人は、一棟売りのマンションも手が届くので、その後も安泰です。

 

気になるのは、働いていた人の多くが億り人や自由億になると、仕事を辞めてしまうのではないかです。

 

現在は多くの業界で人手不足なので、仮想通貨長者の増加による負の面にも目を向ける必要がありそうです。

 

それにしても仮想通貨は不思議です。通貨の役割は送金や交換が主なものですが、仮想通貨は値動きがあるので、安く買って高く売れば、儲けが生まれ、資産効果も期待できます。

 

一般的な通貨なら、手元に置いていても増える事はありません。銀行に大金を預けてようやくスズメの涙ほどの利息を手に入れることができます。

 

少ない利息を手に入れるのに比べると、仮想通貨は短期間で資産を増やすことが出来る面を夢があるといえます。

 

仮想通貨をはじめるなら、DMM Bitcoin

仮想通貨に投資をしてこなかった理由

仮想通貨には有名なビットコイン以外にも様々な種類があります。

 

仮想通貨元年といわれた2017年のはじめに、仮想通貨の投資を行っていたなら、2017年の終わりには、200倍以上も資産を殖やす事が出来た計算です。

 

今となっては後の祭りですが、投資をしなかった理由を整理してみます。

  • あまり良いニュースを聞かなかった
  • 実態が伴わないので不安だった
  • 仕組みが良くわからなかった
  • 値動きが激しすぎる
  • 新しい通貨なので制度や法体系が未整備

実態が伴わないので不安だった

不動産は目に見える資産なのに対し、仮想通貨は名前の通り、実際に通貨でありながら、手に取って現物を見ることができません。

 

電子マネーや株券の電子化などで、目に見えない資産も増えてはいますが、やはり通貨なら実態が有る方が良いですね。

 

その点不動産は形あるものなので安心感が違います。

価格の上昇の理由が大切

 

価格が上昇⇒多くの人が参入し購入⇒さらに価格が上昇というパターンで資産価格が上昇したのがバブルの時代1980年代後半から1990年代の始めです。

 

仮想通貨も価格が上昇するから魅力を感じている方も多いはずです。

 

しかし注意する点は不動産と対比してみると分かりやすいはず。

 

不動産の価格は、立地、建物の価値、日当たりなどさまざまな要因で決まっていきます。収益物件なら、投資利回りも大きな要素となります。

 

仮想通貨にはこのような要素は存在しないので、もし価格が上昇しているから、多くの人に買われているだけなら、その要因が消えてしまったら、価格は下がると考えるのが妥当です。

値動きが激しすぎる

仮想通貨の値動きを示すチャートを見ると、長期では右肩上がりに上昇していますが、短期間では上下に激しく値段が動いているのが分かります。

 

株価はともかく、不動産の値段が仮想通貨のように値段が上下に振れるなら、おちおち眠ることも出来ないです。

 

眠れないと言えば、仮想通貨の取引は24時間いつでも行えるようなので、値動きが気になると寝る時間も少なくなってしまう可能性もあります。

 

会社員の方は気になって仕事が手につかなくなるかもしれません。

 

このように考えると、仮想通貨取引は在宅ワークやフリーランスの方との相性は良さそうです。

新しい通貨なので制度や法体系が未整備

2017年度では、仮想通貨で利益が出たら、雑所得で確定申告する必要があります。また他の所得との損益通算もできません。

 

一方、株式投資は、特定口座で、源泉徴収有りを選択すれば、基本的に確定申告しなくても納税は完了しているので手続きは簡単です。

 

今後は仮想通貨も法整備が進む可能性がありますが、しばらくの間はあまり利用者にとって有利とは思えない仕組みで売買をせざるを得ないようです。

仮想通貨に投資を行うか

200倍になった仮想通貨がさらに200倍になるのは考えにくいです。株価が上昇するなら、企業業績や将来性などなんらかの裏づけがあるものです。

 

しかし仮想通貨は上がるから買う、買うから上がるを繰り返して、価格が上昇しているとも考えられるので、流れが変わったら多くの人は不安になって、損を覚悟してでも売却する可能性もあります。

 

いずれにしても現在は投資よりも投機とも思える状況なので、少し落ち着いてから、生活に支障が無い範囲で仮想通貨を購入してみようと考えています。

 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

仮想通貨の取引なら金融庁登録済の取引所で

 

仮想通貨取引は金融庁に登録してある交換事業者で行うと安心です。特にセキュリティ面で力を入れている取引所で売買を行いたいものです。

 

セキュリティ面では確かに仮想通貨のシステム(ブロックチェーン)自体、改ざんすることが出来ないし、データは残るので安全といえます。

 

それでも、取引所自体のセキュリティが高くなければ、ウイルス対策ソフト無しにネットに接続するようなものなので、安全な取引を行っている所で口座を開設すると良いでしょう。

 

仮想通貨交換業者登録一覧はこちらに掲載されています。

 

以下に紹介するQUOINEXもビットトレードも

アジア圏で最大級のビットコイン取引所【QUOINEX】

QUOINEXは、アジア圏で最大級のビットコイン取引所です。金融庁の許可を最初に受けた仮想通貨交換業者であることで有名です。

 

QUOINEXでは、取引する2通貨の組み合わせ(通貨ペア)は22巣類であることが大きな魅力です。

 

ビットコインの現物取引手数料は0%なので、手数料が気になって取引できないということもありません。

 

サポート体制は、メールだけでなくLINEでも行えるのは他の取引所にはない特徴です。

 

取引処理性能は毎秒100万と世界最高速の取引エンジンで思いのまま取引を行えます。
ビットコイン

QUOINEXのポイント

  • 業界最多の22通貨ペア数
  • スマホ専用アプリで取引ができる
  • ビットコインは.01BTCから取引可能
  • レバレッジは最大25倍
  • クイック入金業界最多
安心・安全な取引システム

仮想通貨は出来るだけ安心して取引したいものです。元々ブロックチェーンの仕組み自体改ざんが行われにくいシステムですが、取引システム自体の安全性は確認しておきたいものです。

 

QUOINEは業界最高水準のセキュリティで安心、安全な取引をサポート。コールドウォレットのマルチシグ化でビットコインを安全に管理してくれます。

レバレッジ取引にも対応

仮想通貨で大金を手に入れた方の多くはおそらくレバレッジ取引を行っていたものと考えられます。

 

レバレッジとは「梃子(てこ)」のことで、証拠金を預けることで、それを担保に何倍もの金額を一度に運用することができます。

 

レバレッジは高い収益を上げることも可能ですが、一方、損する時も現物取引以上の可能性もあります。

 

初めての方はレバレッジ取引を行うのは避けたほうがよいでしょう。

 

個人アカウントのレバレッジ倍率は最大25倍、法人アカウントだと最大50倍ものレバレッジで仮想通貨取引を行えます。

 

レバレッジでは、いずれ反対売買で決済をする必要があるので、もくろみが外れてしまうと、大きな損失を抱えてしまうことがあるので注意が必要です。

クイック入金業界最多

仮想通貨の取引は、QUOINEXに開設した口座に入金して初めて取引が可能になります。

 

入金はQUOINEXと提携している金融機関から資金を移す方法で行われます。金融機関からQUOINEXへの資金移動に1日とか2日とか日数を要するのでは、値動きの激しい仮想通貨の取引を行うことができません。

 

QUOINEXのクイック入金サービスなら、平日はもちろん土日、祝祭日も原則24時間いつでも入金可能です。

 

株式投資は9時から15時までの取引なので、リアルタイムで資金移動できるのも、取引時間中なのに対し、仮想通貨取引はいつでも行えるので、株式投資よりも入金サービスが充実しているのが特徴です。

口座開設に関して

口座を開設できるのは、20歳以上の日本在住の方です。

 

口座の開設は通常1~2営業日で完了します。口座を開設しても、すぐに入金する必要はありません。いつめでに入金しなくてはいけないなどの決まりはないので、とりあえず口座を開設しておき、勉強したり本を読んだりしてから実際に入金して、取引をスタートするくらいでも十分です。

ビットトレード(BitTrade)

ビットトレードも金融庁登録済の仮想通貨取引所です。

 

ビットトレードは仮想通貨の種類が豊富なのが魅力。ビットコイン以外にも、日本人に人気の「XRP」「MONA」など様々な仮想通貨で取引できます。

 

100を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewを採用しているので、チャートなどで比較分析しながら取引が行えます。
ビットトレード
安全性にもこだわり、

  • スパム・ボット防止認証システム「Invisible reCAPTCHA」を導入
  • ホットウォレットとコールドウォレットの管理体制を構築

など安心して取引できる環境が整っています。

 

日本人は貯金でお金を貯める方が圧倒的に多いはずなのに、多くの方が仮想通貨の取引を行うようになったのは不思議ですね。

 

貯金していて、ある程度の利息が付く状況だったら、少しは違っていたかもしれません。

 

仮想通貨取引も一過性のブームで終わるのか、それとも再び脚光を浴びるのかは、誰にも分かりません。

 

同じく、いつが買いどきでいつが売りどきなのかも正確にはわかりません。

 

後からチャートを見て初めて、あの時の判断は正しかったのかあるいは間違っていたのかが分かるものです。