自己破産とは

多額の借金を背負って債務の返済が出来なくなってしまった場合に、再出発を支援するための制度が自己破産です。

 

新たなスタートを切る事も出来る便利な制度ですが、デメリットもあります。

 

最後の切り札である自己破産は出来れば行いたくないものです。

自己破産とは記事一覧

自己破産とは、多額の借金を背負い、支払いができなくなった人を救済するために定められた制度で、債務者が自ら申し立てを行います。自己破産することにより一切の債務は免除されることになりますが、消費者信用取引や就業先に制限が発生することになるので、自己破産は最後の手段として考えられているようです。自己破産の流れを簡単に説明しましょう。1.債務者本人が裁判所に破産宣告の申し立てを行います。2.裁判所において...

多くの方が、自己破産をすると通常の生活が送れなくなるといったイメージをお持ちではないでしょうか。決してそのようなことはありません。日常生活を送ることはできます。ただ、今までどおりの日常生活を送ることができなくなるので、そのような印象を与えるかもしれませんが、最低限の生活は保障されています。それとは別に自己破産にはメリットがあるので紹介しましょう。裁判所において免責が決定されると、全ての借金が免除さ...

再出発する良いチャンスでもある自己破産(自己破産のメリット(利点)参照)ですが、デメリットがないわけではありまあせん。それなりの金額の支払いを免除してもらったわけですから、それなりの影響は受けなければなりません。自己破産のデメリットを紹介しましょう。個人信用情報機関いわゆるブラックリストに登録され、7年~10年は消去されることはありませんこれにより銀行や消費者金融、カード会社等の金融関連企業を利用...

破産手続きで破産者が支払わなければならない費用は以下のとおりです。収入印紙代1,500円切手代(500円×2枚=1000円、82円切手×債権者数+6枚,20円切手×2枚)予納金(同時廃止事件の場合2万円~、管財人事件の場合20万円~)弁護士や司法書士に依頼した場合は別途報酬額を弁護士や司法書士に支払わなければなりません。事務所によって異なりますが、弁護士に依頼した場合報酬額20万円~、司法書士に依...

自己破産の申し立ては、債務者本人が居住する管轄の地方裁判所に債務者本人が行うことになります。自己破産に必要な書類は裁判所により多少異なるので、必ず管轄の裁判所へお問い合わせください。弁護士や司法書士に依頼すると煩わしい雑務から開放されるでしょう。一般的に必要とされている書類は以下です。破産申立書(裁判所より入手できます。)債権者一覧表(裁判所より入手できます。)財産目録(裁判所より入手できます。)...