ファクタリングで売掛金をスピーディーに現金化

企業と個人間の取引は現金が中心です。もちろんクレジットカードや前払いのプリペイドシステムなどもありますが、まだまだ現金取引が主流です。

 

企業間取引は信用で成り立っているので、掛けで行われている事が多いです。売掛金や買掛金は経理に詳しくない方でもご存知のはずです。

 

このうち売掛金は取引先に納品した商品や提供したサービスの対価が、未回収の状態で権利として残っている状態をいいます。

 

商品を提供しているのに、代金が回収できなかったら、丸損になってしまうのです。

 

取引先企業にとっては、代金の支払いを先延ばしできるので、経営は楽になるのです。

この先延ばしのメリットは個人もクレジットカードの支払いで感じることができます。

売掛金が無事に入金されるまでの期間は30日(月末締、翌月末支払)~60日(月末締、翌々月末支払)が多いです。

 

ただ、開業間もない企業は、商品を納入して60日後に現金を受け取るとなるとかなりきついはず。

個人ではお給料の締日から60日後に給料が振り込まれたら、結構日々のやりくりが大変なはずです。

もっとも、開業間もない企業でなくとも、長期間支払いを待つのは、取引先の倒産リスクなどもあり不安なものです。

 

現在は景気の回復途上とはいえ、天候不順や突然の売り上げ減少などにより不意な運転不足も十分考えられます。

 

たとえ帳簿上は黒字を計上していても、実際にお金が入金されなくては、従業員にお給料を支払う事も出来ないのです。

 

このように、なかなか現金にならない売掛金をすぐに資金化してくれるのがファクタリングで、企業の売掛金の資金化を業務として行っているのがファクタリングサービス会社です。

ファクタリングの一般的な利点

  • 売掛金を手早く現金化できる
  • 償還請求権(※)がないので安心
  • 借り入れではない決算書に計上されない
  • 2者間取引では取引先に気付かれずに行う事ができる

※「償還請求権が無い」とは万が一取引企業が倒産してしまった場合には、売掛金を現金化した会社に支払いの請求がいかないで済むということです。

ファクタリングは2社間取引と、3社間取引の二つがあります。3社間取引だと取引先企業に売掛金の譲渡の承諾が必要となります。

 

しかし信用をベースにしている企業間取引で、売掛金の譲渡の話を持ち出すのは、信用問題に発展してしまう可能性もあります。

 

3社間取引でファクタリングを行うのはとてもデリケートな問題を含んでいて、なかなか実行は難しいものなのです。

 

そこで、取引先企業に知られる事がない2社間取引を中心に行っているファクタリングサービスも登場しています。

ファクタリングサービスの三共サービス

三共サービスは手続きのしやすさ、実績の多さ、業界最安の手数料と素早い対応で、ファクタリングを行ってくれる会社です。

三共サービスが資金運営で悩んでいる中小企業の経営者を中心に利用されているポイント

  1. 償還請求権のないファクタリング
  2. 赤字、債務超過でもOK
  3. 担保不動産、保証人がなくても利用可能
  4. 全国対応のサポート体制

三共サービスは東京文京区にある会社ですが、全国対応なので東京近県にない企業でもOKです。

三共サービスの利用フロー

 

相談・問い合わせ
 メールフォームや電話で相談や問い合わせを行う事からスタートします。

 

面談・審査
 必要書類を揃えて三共サービスに訪問するか、来てもらいます。その後審査が行われます。

 

最終確認
 売掛金の買取条件が提示されるので、条件に納得したら承諾します。

 

実行
 契約完了後手数料分が差し引かれ入金されます。

 

三共サービスのホームページには実際にファクタリングで資金を調達した企業経営者の喜びの声が掲載されています。現金化までにかかった日数は2日~3日でした。

 

気になる手数料は売掛先である取引企業の倒産リスクなどに応じて変動します。ファクタリングサービスを行う業者にとっては、倒産リスクを把握するための調査力がカギになります。

 

もちろん、手数料が高い程、取引先企業の信頼度は低い事になります。体験者によって最低1.5%から最大7%とばらつきがありました。