競売代行サービス

世の中というのは自分一人の力ではどうしようもない事の方が多いです。

 

車のメカニックに詳しくなくても車の運転が可能なのはその道のプロが整備点検してくれるからこそです。

 

全ての事を詳しく知ろうとするといくら時間とお金があっても足りません。不動産競売でも頼りになるのは競売代行サービスです。

 

競売代行サービスは様々なシーンで利用する事が出来ます。また競売に関してあまり知識が無い時期に利用するのも良いでしょう。

 

家事代行といえば【ヒューマンホームサービス】
競売代行サービスと同じく、家事も代行してもらえば、自由になる時間がグノと増えて、物件探しにも力が入ることでしょう。

 

教育・人材・介護・事業などを全国で手がけるヒューマンライフケアでは家事代行サービスも行っています。

 

東証JASDAQスタンダード市場に上場するヒューマンホールディングス株式会社のグループ企業が運営しているので信頼度も高いです。

競売代行サービスを知ろう記事一覧

競売代行サービスとは、競売物件を落札したい人の依頼により、入札手続から明け渡しまでの手続きを代行して行う業者を言います。競売物件は一般市場より安い価格で購入できる反面、明け渡しまで家の内部を見ることができない、必ず落札できるとは限らない、明け渡しの際にトラブルが発生するなどといったデメリットもいくつか存在するのです。また、入札手続から明け渡しまで、いくつかの法的手続きを速やかに行う必要があるのです...

競売代行サービスは、競売の一覧の流れの中で、様々な面において威力を発揮します。競売代行サービスのメリットを一言で言えば、「煩わしい手続きを全て代行できる」ということではないでしょうか。競売物件を購入するまで、どれだけの煩わしい手続きがあるのでしょう。自分の要望にあった競売物件をあらゆる手段で探さなければなりません。管轄の家庭裁判所へ足を運び、「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」を確認します。...

競売代行サービス業者に依頼することにより、素人にとっては煩わしい法的手続きやトラブルなどを回避することができます。しかし、それ相当の出費も覚悟しなければなりません。競売代行サービス業者に依頼した場合、どのような出費が加算されるでしょう。「競売代行契約費用」競売代行サービス業者と契約した時点で代行手数料を支払わなければなりません。3万円~5万円が目安でしょう。「落札における成功報酬」落札した場合、成...

競売代行サービス業者により多少異なりますが、流れは以下のとおりです。競売代行サービス業者に申し込みます。申し込み方法は、電話によるお申し込み、ネットによるお申し込みが主流です。もちろん直接店舗・事務所に足を運んでいただいてもかまいません。申込者の要望にあった競売物件に関する情報や資料を送付・連絡します。要望にあった物件が見つかったら競売代行サービス業者と競売代行契約を締結することになります。ここで...

物件の競売が決まると、管轄の裁判所において、最低売却価額、入札保証金額、入札期間、開札期日、売却決定期日、3点セット(「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」)の閲覧開始日などが公表され、これを「公告」と言います。公告は入札開始日のおよそ3週間前に行われ、3週間の間にさまざまな調査を行わなければなりません。まず、希望の物件を探すことからはじめなければなりません。全国紙、競売物件情報サイト、住宅情...

まず、入札価額を決定しなければなりません。入札価額は、最低売却価額以上であればいくらでもかまいません。落札したいのであれば、できるだけ高い金額を設定すればよいのです。しかし、競売物件に目をつけている人の殆どは、できるだけ安く購入したいという目的があるはずです。できるだけ安く、かつ、落札できる価格を設定するのは、非常に難しいことなのです。最低売却価額の2倍以上で落札されたり、中古物件としての市場価格...

入札期間、素人さんにとっては煩わしい、しかし、とても重要な諸手続きをこなさなければなりません。まず、入札に必要な書類を裁判所より入手します。入札書、振込依頼書、入札保証金振込証明書の3点です。まず、入札所には「事件番号」「物件番号」「保証の額」等を3点セットを確認しながら記入します。次に、振込依頼書と保証金(最低売却価額の20%)を持って金融機関へ行き、窓口にて振込をします。金融機関から振込依頼書...

普通、入札締切日の1週間後が開札期日です。裁判所にて入札書を開封し、最高額を記入していた人が落札することになります。裁判所の売却場で「入札数」「最高価格入札者氏名・入札額」「次順位入札者氏名・入札額」が発表され、誰でも立ち会うことができます。ただし時間は決められており、民事執行センターの場合、午前11から開始されます。また、開札結果一覧表として開札期日午後2:00から閲覧室に提示されます。いずれも...

売却許可が決定され買受人になったら、裁判所より自宅へ代金納付期限通知書が特別送達郵便で郵送されてきます。指定された代金納付期限までに落札価格から保証金を差し引いた代金と所有権移転登記の登録免許税を支払わなければなりません。代金の支払方法は3種類あり、最寄の金融機関から指定裁判所の預金口座に振り込み受け取った保管金受入手続添付書を裁判所に持参する方法。現金を直接裁判所に持参する方法、裁判所が指定した...

不動産を購入するにあたって、素人には聞きなれない用語が次々と出てきます。一般の不動産業者から購入するのであれば、不動産に確認することができますし、一切お任せすることもできるでしょう。競売物件の場合、契約相手は裁判所になります。もちろん手続きのひとつひとつを確認することはでき、丁寧に教えてくれますが、一切お任せというわけにはいきません。裁判所を相手にひとつひとつ契約を交わしていかなければならないので...

競売代行に委託する最大のメリットが明け渡しにあるのではないでしょうか。競売物件における最大のデメリットが明け渡しにあると言われています。市場価格より安く購入できる競売物件を多くの人が敬遠してしまう原因が明け渡しトラブルにあるのです。このデメリットを解消できさえすれば、競売物件ほどお得な買い物はないはずです。競売代行は、立ち退き交渉から法的な手続きに至るまで一切代行します。占有者がいる場合は競売代行...

何事もなく無事明け渡された不動産物件においても、トラブルの後明け渡された物件においても、競売物件内には家財道具やゴミなどが残されているものです。そもそも競売にかけられるくらい支払いに困っていたわけですから、家財道具やゴミを処分する費用も余裕もないはずです。家財道具やゴミの処分が、簡単のようで実はとても厄介な作業なのです。それは、残置物を勝手に処分することが不法行為になるからなのです。問題はどれをゴ...

物件調査代行料、競売入札代行料、立退交渉代行料 競売代行に委託するにあたって、総額どれくらいの手数料が必要とされるのでしょう。競売に関する一連の手続きにおいて3つの大きなヤマがあります。物件調査、落札、明け渡し、以上の3つです。これらの段階においてそれぞれ代行料が発生すると考えてください。落札でき、無事競売物件を購入することができた場合を例に一般的な金額を算出してみましょう。物件調査代行料競売代行...