車は所有しなくてもリースやシェアでも乗ることができます

車を負債と考えた時、スッキリと手放す事ができました。

 

多くの人には車は便利で快適な移動手段で、車を持っていること自体がステータスシンボルのような時代もありました。

 

自分自身もその常識が頭にあったので、なかなか処分する事ができないでいたのです。

 

現在は若者を中心に車離れが進んでいることはご存知でしょう。

 

事故が怖い、車に興味がない、都市部なので他の移動手段が充実しているなども一因です。最も大きいのは雇用情勢の変化だと考えています。

 

もう少し具体的に言うなら、手取り収入から生活に必要な出費を差し引いた可処分所得です。

 

このお金では、車を持っていることに伴う様々なランニングコスト(ガソリン代や各種諸費用、整備代、駐車場代など)を賄いきれないのだと考えています。
土日しか利用しない方必見 車も所有から共有へ
車を所有している方は、車両本体価格以外の出費がひと月にどれ位になるのか、年間ではどれ位か、車検などの整備費用はいくらかかるのかチェックしているでしょうか。

 

車は一般的な考えでは家や土地と同じように資産と考えられています。

 

資産とは「資=お金」を産む元になるものです。一方負債とはお金が出て行ってしまう元になるものです。

 

資産と負債は表裏一体。誰かの資産なら、その裏では、他の人にとっては負債となっているのです。

 

この原理を自分に当てはめたところ、どう考えても車は負債となってしまったので、車買い取り業者に売却したのです。

あなたにとって車は資産ですか

車が自分にとっては負債であると薄々感じていても、よく利用していた時は、手放す事を先送りしていました。

 

しかし、ほとんど乗らなくなった時に問題があらわになったのです。

 

車の所有は、投資物件のように、長期間に渡って毎月一定金額を稼ぎ出してくれるわけではありません。

 

例外はこれから説明するカーリース会社やレンタカー会社です。これらのサービス運営会社にとって車の所有は利用者から絶えずお金が入ってくるので、資産と考えることができます。

 

車を所有していながら、休日くらいしか運転しないのは宝の持ち腐れです。

 

また、購入当初は良く利用していても、家族構成が減るなど環境が変わることで利用が激減することも珍しくはありません。

 

一時利用の面で昔からあるのがレンタカーです。引越しなど一時的に移動手段を確保するのには便利です。反面、契約のために営業所に足を運ばなければいけないので面倒です。

 

家族の送り迎えのたびに、レンタカーを借りるくらいだったら、所有していた方がストレスは少ないはずです。

カーリースは毎月の支払いを固定

カーリースも昔から利用されているシステムです。好きな車種を自由に選べるので、外から見るとマイカーと同じです。ナンバーも「わナンバー」ではありません。

 

カーリースは毎月の支払いを固定しながら、好きな車に乗り続けることが出来るので、車に関する諸経費を抑えながら利用したい方にピッタリです。

 

カーリースを行っているのはオリックスカーリースやコスモ石油のカーリース スマートビークルの他、トヨタレンタリースなどメーカー系の会社もあります。

 

スマートビークルは石油会社のカーリースなのでガソリン代が安くなる燃料割引サービスがお得です。

サービスプランは3種類あり、車検、整備、消耗品交換など、必要な費用が全てコミコミなゴールドパックなら、全てのメンテナンスを国家資格を持った整備士に任せることが出来手間もかかりません。

カレコ・カーシェアリングクラブ

レンタカーやカーリースよりも新しいシステムがカーシェアリングです。

 

会員同士が複数の車を共有するカーシェアリングは都市部を中心に人気があります。

 

カーシェアリングは利用時間に応じた料金を支払うのが基本で、燃料代や整備代も会費などに含まれているので余計な出費がかかりません。

 

スマホでの予約に抵抗が無く、近所にカーステーション(車を置いてあるカースペース)があれば、使い勝手は格段に向上します。

 

毎日決まった時間に利用する方、所有やカーリースをするほどでもない方やレンタカーだと不便の方には最適のシステムです。
カレコ・カーシェアリングクラブ
三井物産グループが運営しているカーシェアリングサービスのカレコ・カーシェアリングクラブは三井のリパークなどにカーステーションが都心部を中心に設置されています。

 

月会費は980円と業界最安クラスの料金設定も人気の秘密です。

 

不動産も自動車も一旦所有すると、色々頭を悩ませることも起こりえます。

 

不動産は自分が住む物件と収益物件に上手に分類できるのに、車は自分が乗るものと他人に貸すものに分ける事はなかなか難しいものですね。

 

その中間を埋めるものにカーシェアリングやカーリースなどが存在すると考える事もできます。

車はどうしても手放せない方は少しでも安く購入する工夫が必要

節約は大切ですが、車関係だけは譲れない方も多いはず。地方では車は生活の足になっているのはもちろん、都会でも子どもや高齢者の送迎に欠かせない存在です。

 

生活に必要な存在なら、少しでも安く購入したいですね。

 

新車は以前であれば、カーディーラー、中古車は中古車販売店で購入するのが一般的でした。

 

最近はディーラーの統廃合が進んでいて、気が付いたら近くにディーラーが見つからない方もいらっしゃるはず。

 

従来型の中古車販売店も業績はあまり良くないと聞いたことがあります。

新車購入時は気持ちが大きくなって予算オーバーしがち

車は車両本体価格以外にも、さまざまな諸経費が加算されるので、気が付いた時には金額が膨れ上がっていることも少なくありません。

 

営業マンにすすめられてオプションまで付けると、予算オーバーになることも珍しくありませんね。

 

新車を購入する時は、ついつい気持ちが舞い上がってしまい、諸経費やオプション費用は車両本体価格に比べると、小さく見えてしまうものなのです。

 

新車購入で苦手だったのが、営業マンとの値段の駆け引きでした。お付き合いがある担当者なら、向こうから値下げしてくれることもありましたが、はじめて訪問するディーラーだと、なかなか値下げを自分からは言い出しづらい雰囲気がありました。

新車・中古車を少しでも安く買うなら「ぴったりオート」

新車や中古車をリーズナブルな価格で手に入れることができるのが、「ぴったりオート」です。気になる値引き交渉も最初から値引いた価格を提示してくれるので、値引き交渉の必要もなくて安心です。

新車が安い理由

長年乗る車なら、購入時だけでなく整備費用などトータルコストも気になるものです。ぴったりオートで新車が安く購入できる理由は、ズバリ大量仕入れにあります。

 

食品なども、少量だと高くなりがちです。車も同じでぴったりオートは販売台数が多い、独自の仕入れルートを構築しているので、仕入れ価格を抑える事に成功しています。

 

仕入れ価格を抑えることができれば、販売価格も下げる余地が十分あるので、安くなるのは納得です。

 

気になる新車の保証もあなたの地元のディーラーで受けられるので安心です。

中古車が安い理由

中古車は業者用オートオークション会場と日本最大級の業販共有在庫から仕入れているとのこと。

 

注文が入ってから中古車を仕入れるから、在庫を抱えることなしにビジネス展開できるのです。

 

車は在庫を抱えて商売するとなると、場所も管理費用もかかるので大変なのは想像できますよね。

 

万が一、展示している中古車が盗難の被害にあったり、傷つけられてしまったりしては商売もなりたちません。

 

ぴったりオートなら、オークションをフルに活用することで、展示スペースに関する費用や在庫を維持する費用をカットすることが可能なのです。

 

従来型の中古車販売会社とぴったりオートが同じ土俵で戦ったなら、どちらに軍配が上がるかは明らかですよね。

 

気になる点検整備もぴったりオートが提携する優良自動車整備事業者認定工場で、事前に点検整備を行ってから納車されます。

 

さらに、保証は最大3年間もあるので心強いです。

ぴったりオートが多くのユーザーに選ばれているポイント

  • ネットで納車まで可能
  • 見積無料
  • 全車保証付き
  • 全国納車・陸送料半額
  • 新車、中古車、未使用車を取り扱っている
  • 支払い方法もさまざま

トラックで車を配送しているシーンを見かけた事はないでしょうか。ぴったりオートはネット通販のように、車をあなたの元に届けてくれるのです。

 

契約から納車までの期間は3週間~1ヶ月程度と車種によってさまざまです。

 

ぴったりオートは在庫を抱えていない分、陸送料が発生してしまいます。ただし、納車・陸送料は半額でOKになっています。

 

このホームページをご覧の方は、未使用車のことも気になっているのではないでしょうか。

 

未使用車は新車に近い存在ですが、厳密には中古車扱いで、走行距離が少ないのに、車両価格はかなりお買い得になっていることが多いです。

 

そのかわり、オプションなどを選択できないなどデメリットもあるので注意が必要ではあります。

 

支払いに関しては、貯金がない方も安心です。ぴったりオートが提携しているオートローンは、審査がスピーディー、手続きが簡単、返済方法が色々選べると三拍子そろっています。

 

契約後も経済状況の変化があったら、柔軟に支払い方法を変更することも可能です。

 

もちろん、貯金が有る方は購入時に一括で支払うことも可能です。