使っていない部屋を民泊で活用

外国人観光客数は増加の一途をたどっています。観光地に限らず都市部でも外国人観光客を見かける事は多いです。

 

このような事情もあり、所有不動産を民泊に転貸したい方や民泊に興味がある方も多いはずです。

 

2018年6月に、いわゆる民泊新法が施行され、届出の義務化など大きく変わってくるので、これから民泊の運営を行う方は注意が必要です。

 

民泊とは、Airbnb(エアービーアンドビー)などの民泊運営者(ホスト)が宿泊者(ゲスト)に部屋を提供して対価を得るサービスを言います。

 

最近はホテルが満室になっているケースも少なくありません。旅行者が増えているのに、宿泊施設の供給が追い付いていない状態です。

 

ホテルの建設はとても時間がかかり、機動的な運用も難しいものです。

 

このような需給ギャップの解消に期待できるのが民泊です。
清掃、Wifiなど民泊に役立つツール
せっかく楽しい旅行も、滞在する場所が無ければ観光客は困ってしまいます。滞在場所がボトルネックになってしまっては、経済発展に水を差してしまいかねません。

 

ボトルネックとは、ある部分が全体の発展や進行の足かせになってしまう事を言います。例えば、便利なネット通販を思い浮かべてみてください。

 

ネット通販は販売サイトだけでなく、クレジット決済、流通などのバックアップがあって成り立っています。

 

多くの人がネット通販を利用するようになり、配達が追い付かなくなってしまったら、販売自体にも影響が出てしまうかもしれません。

 

「ドライバーの人が大変そうだから、注文は止めよう。「毎月頼んでいたけれど、忙しそうだから2ヶ月に1回の注文にしよう」などと考える方もいるかもしれないのです。

民泊を運営する方のメリット

民泊は他の不動産投資と比べると、手持ち資金を活用して収入を得られるのが魅力です。

 

その他に遠方に不動産に不動産を購入し、別荘やセカンドハウスとして普段は利用し、自分自身が滞在しないときに民泊として活用する方法もあります。

 

別荘は管理が大変です。そのような状況で民泊利用者に部屋を提供できれば、家の痛みを抑える事も期待できます。空き家や別荘は通風を行わないと痛みやすいものですから。

 

しかも宿泊料も得る事が出来るので一石二鳥です。

民泊サイトは二種類

民泊関連サイトは多くの種類があって迷うかもしれません。民泊サイトは大きく二つに分ける事も可能です。

  1. 民泊運営者と宿泊者をマッチングサイト
  2. 民泊運営するための物件探しサイト

民泊運営者と宿泊者をマッチングサイトは転職サイトに例えると転職希望者と採用側をつなげる役割を持っているサイトが該当します。

 

マッチングサイトとは、利害関係者同士を結びつけるサービスです。不動産仲介業のサイト版と考えると分かりやすいです。

 

一方民泊運営するための物件探しサイトは不動産賃貸情報サイトに似ています。

国内最大級の転貸可能物件検索サイト【民泊物件.com】

転貸可能な物件を探す事が出来る民泊物件情報サイトが民泊物件.comです。ちなみに、一般賃貸住宅を家主に無断で民泊に転用する事は禁止されています。

 

民泊用物件を大手不動産賃貸ポータルサイトで探す事は基本的にNGです。

民泊物件.comの特長

  1. 総物件数No.1
  2. 民泊事業主の会員数は5,000名以上
  3. 想定収入を確認することができる
  4. 民泊利用のための転貸許可が出た物件情報のみ掲載
  5. 非公開物件情報を優先配信(プレミアム会員限定)

不動産賃貸住宅を探すときに欠かせないのが、SUUMOやHOMESなどのポータルサイトです。ですが、掲載されている物件の多くはどのサイトでも閲覧できるのが普通です。

一方、民泊物件.comは、家主・不動産会社が物件情報を直接サイトに掲載するので、一般に公開されていない転貸可能物件をいち早く閲覧することが出来るのです。

 

良い物件はタイミングと運と情報収集力がカギを握っています。どんなに転貸可能物件を探していても、家主が手放さないと手に入れる事はできません。

 

また、優良物件は居心地の良い仕事と同じで、市場には出回りません。多くは人目に触れることなく、他人が手に入れてしまうことが少なくありません。

無料会員とプレミアム会員(月額980円)の違い

  無料会員 プレミアム会員
民泊物件の閲覧・問合せ
民泊想定収入を表示
希望物件のメール配信
不動産会社からの物件提案
詳細住所表示  
非公開物件の優先配信  

民泊物件.comは無料会員でもある程度利用する事は出来ますが、無料会員よりも1日早く非公開物件を閲覧できるので、無料登録して気に入ったらプレミアプランに変更するのも良いでしょう。

Airbnb(民泊業)清掃代行なら【キャットハンド】

自宅から遠い民泊用の物件を保有していると、気になるのがやはり掃除です。ホテルや旅館と同じく専門の業者にお願いするのが最適です。

 

全てのスタッフが家事代行業に精通している事で人気のキャットハンドは、一般住宅の家事代行サービスを行っています。そのノウハウを民泊の清掃にも活かしています。

キャットハンドの料金体系(基本プラン)

  • 1Room、1K、1LDK :5,000円(税抜)(ゲスト数4名まで)
  • 2K、2LDK :6,000円(税抜)(ゲスト数5名まで)
  • 3K、3LDK以上、戸建:7,000円(税抜)(ゲスト数6名まで)

 

サービス内容は

  • トイレ掃除
  • 洗面所洗面所
  • キッチン周りキッチン周り
  • お風呂掃除お風呂掃除
  • ゴミ収集と処理ゴミ収集と処理
  • 部屋の換気部屋の換気
  • リネン系洗濯リネン系洗濯
  • 消耗品管理消耗品管理
  • 各部屋清掃

など充実していて、オプション(別料金)でリネン系のクリーニング洗濯も行ってもらえます。

 

万が一物品破損が有った場合でもキャットハンドが保険を通じて賠償してくれます。また、ゲストの過失による物損事故を発見した場合は速やかに写真を撮影してくれます。

 

せっかく収入を確保できても、全て自分の手で行っていては自由な時間が無くなってしまい、何のために民泊を運営しているのか分からなくなってしまうかもしれません。

 

手離れは不動産でも大切。試しに自宅の家事をキャットハンドに依頼してみて、良かったら民泊もお願いしてみるのも一つの方法です。

民泊用ポケットWi-Fi【famifi】

有線LANはもちろん無線LANを設置しているホテルやマンスリーマンションは便利です。ホテルの共有スペースにあるパソコンは無料で利用できる反面、使い勝手はあまり良くありません。

 

出来たら日頃使い慣れたノートパソコンを使用して、観光地の下調べをしたいものです。

 

民泊運営で必須アイテムの一つがゲストに貸し出すためのポケットWi-Fiです。スマホはもちろん、パソコン、タブレット、ゲーム機などもネット接続可能です。

民泊用ポケットWi-Fiのfamifiは、民泊代行サービスの業界シェアNo1のfaminect(ファミネクト)を運営する、株式会社ファミリアリンクが提供するサービスです。

famifiの特長

  1. 月額料金2,480円から
  2. 月間通信制限なし
  3. 契約期間の縛りなし
  4. 端末代金ゼロ
  5. 下り最大440Mbps
  6. 民泊利用以外もOK
  7. 安心保証システム

万が一本体が故障してしまっても、契約期間中無制限で修理を行なってくれます。急な紛失・破損・故障時でも代替品に無料で交換してくれるので、次に泊まるゲストに迷惑をかけずにすみます。

 

全ての条件が同じなら、ポケットWi-Fiを設置している部屋を選ぶはずです。ポケットWi-Fiなら利用者にもメリットがわかりやすく、しかも簡単に導入できるので、費用対効果が高めとなっています。

まとめ

民泊は部屋さえ用意すればお仕舞というわけにはいきません。利用するゲストが心地よい空間をいかにして作るかが大切です。

 

そのためには、様々な代行サービスや専門業者を上手に活用して時間とお金を次の投資のために蓄えると良いでしょう。