時間という見えない資産を味方に付けた資産運用

資産にはノウハウや商標、実物のない仮想のものもありますが、目に見える不動産の安心感は他の資産にない特徴です。

 

不動産があれば、自分で使うことも、他人に貸すことも自由自在。

 

太陽光パネルを耕作放棄地に設置すれば、お金が出ていく一方だった土地も収益物件に早変わり。

 

野菜を作れば、いざという時のリスクヘッジにもつながります。

時代が変わる時は早すぎて戸惑う人が多い

時代が変わる時は一瞬です。今までの常識にしがみついていると、気が付けば周回遅れになっていることも少なくありません。

 

何が起こっているのか分からないうちに、次の重大ニュースが飛び込んでくることは、あたり前になることもあるでしょう。

2018年の注意点は金利と為替の動向です。特に海外では金利の上昇が気になります。一般的に金利の上昇が円高要因になり、株価の下落につながりやすいからです。

ニュースで大きく報道されたことを後追いしていては、美味しい果実を得ることは出来ません。

 

本を読んでいるよりも、近所を散策している時の方が新しい時代のヒントを得られることがあります。

 

さらにセミナーなどを通して人脈を広げていけば、万全です。

 

不動産はお金を生むことで資産に変わる

あなたの周りで建設されている収益用物件は、腹を据えて行動する事を決めた人たちの意志が隠れています。

 

お金の損得が関係する事は誰でも慎重になります。損をしたくないからです。そのため「あの物件はダメかもしれない」「融資が受けられなかったらどうしよう」と不安がよぎります。

 

しかし、決断を先延ばししているうちにチャンスを逃し、手に入れられるはずだった収益を逃す事もありえます。

 

それは人生の節目で必ず訪れる人との出会いや就職などにも共通しています。

 

例えば迷っている時期に部屋探しをして、好みの部屋を申し込んで入居審査が通らなかったら、やる気がなくなってしまうかもしれません。

 

ですが、腹を決めてから、入居審査に落ちたなら、その事をバネに他の不動産会社で別の物件を探すモチベーションに繋がるはずです。
不動産活用の基礎知識
一度腹をすえてしまえば、その後の決断は不思議なものでうまく行くものです。

アパートやマンションにはオーナーの夢や希望が詰まっている

周りで建設途中の多くのアパートやマンション。見えないオーナーの気持ちを想像してみるとあなたも勇気が湧くはずです。その意味で不動産関連のセミナーは良い切っ掛けになります。

 

最近は今すぐお金を生み出す事が求められます。

 

しかし、不動産投資など時間を味方に付けた投資を行っていると安心感があります。

 

不動産活用の基礎知識では初心者の方を対象にしています。

 

不動産の活用に興味があるがなかなか踏み出せない方、投資物件を購入したいが二の足を踏んでいる方、任意売却を行いたい方などにお役に立てると嬉しいです。

現物資産の不動産はいつの時代も注目される

世の中には金融派生商品(デリバティブ)など目に見えない資産というものがあります。

 

住宅ローンの借り換えはこちら

 

見えない資産だけに頼っていては安心を得られない世の中です。不動産が昔から信頼されているのは目に見えるという安心感からではないでしょうか。

 

もちろん不動産というのは使い方によって資産にも負債にもなります。自分住むだけなら、お金は出る一方です。投資用の不動産なら、家賃収入も期待できます。

 

負債のある人は債務整理に役立つ法律事務所などを利用して負債を縮減し、将来的には不動産を所有することも充分可能です。

 

また資産のある人は収益を利用してさらに多くの不動産の取得を目指しましょう。

 

不動産を手に入れる方法は競売などさまざまですが昔は競売物件を閲覧するには、各地の裁判所に足を運ばなくてはなりませんでした。

 

現在はインターネットによって競売物件の情報を自宅や外出先などで入手することが出来るようになりました。

 

最終更新日:2018年05月22日

他人の力を活用できるかが不動産投資のカギ

一般的に、競売物件は市場価格より2~3割程度安く手に入れることが出来るのです。もちろん安いからには理由があります。

 

権利関係が複雑だったり、滞納があったり、それらの問題を一つずつ解決していくことが不動産競売物件入手の大前提です。

 

AI(人工知能)を使って中古ワンルームマンション査定&塩漬けマンションを売却

 

一方不動産を売却しなくてはならない方にとっては、任意売却や強制売却に関する知識が無ければ、折角の大切な不動産という資産を安値で手放す事にもなりかねません。

 

現在は不動産を担保に融資を受けることも出来ます。

 

不動産に関しても自分一人で出来る事は限られています。

 

成功している方は上手に専門家の力を活用し「時間」という大切な資産を節約しています。

 

時間と不動産を上手に活用していくことで、自分一人では出来ない働きを不動産が代わりに行ってくれます。

同じ出来事でも立場が違えば見えるものは180度違ってくる

不動産を所有している方にとって、不動産価格の下落は不安な気持ちになるものです。一方、これから不動産投資をしようと考えていた方にとっては、千載一遇のチャンスにも見えます。

 

不動産があれば、駐車場を作ったり、アパートやマンションを建てたり、お店を開業したり、さまざまな方法で資産を築くことができます。

 

株価は限りなくゼロに近づくことがあっても、不動産価格がゼロに近づくなら、ビジネスを始めたいと考えていた人にとっては、低リスクで事業をスター度出来るのです。

不動産の主な活用方法

10万円の商品を手に入れる方法には、仕事で稼いだお金を使う方法や、投資で手に入れたお金だまかなう方法があります。10万円ならアパートの賃料2部屋分でお釣りがきますね。

 

株式投資なら配当利回り2%の株を500万円分購入しても10万円に届きます。ただし、不動産とはお金の貯まるスピードはことなります。

 

有名人には大金を手にしてアパートを購入された方もいらっしゃいます。

 

ビジネスマンの方は一気に大金を稼ぐのはむずかしくても、コツコツお金を貯めていけば、おなじような体験をできるはずです。