イメージ画像

配当要求終期の公告における裏事情

競売が申し立てられた地方裁判所は、競売申立債権者以外の一般債権者に対しても「当該物件に債権があれば申し出るよう」終期の公告をします。

当該物件に債権がある債権者であれば、競売手続きに参加することができるのです。通常、配当要求終期の公告がされた後3~6ヶ月後に期間入札の公告がされるようです。

配当要求終期日の開示期間はおよそ1ヶ月です。配当要求公告後、債務者と債権者の間で任意売却の交渉が成立するというケースがあるようです。

競売にかけられると、通常の市場中古価格より安く売却されてしまうことになります。落札価格では債権額に至らず、さらに返済を続けていかなければならないといった事態はあっても、競売によって得することは皆無です。

ダメもとで債権者に交渉できる最後のチャンスです。任意売却の交渉を試みてみましょう。

競売を管轄する地方裁判所が認めた場合、競売の申立人と同様、競売手続きに参加した債権者は、配当期日に配当が実施されることになります。

配当は裁判所書記官が作成した配当表に基づいて実施されることになります。

抵当権を有している設定登記の早い順に優先されます。次に債務名義しか有していない債権者に平等に配当されることとなります。

現地調査・評価における裏事情

このページの先頭へ